🏫最近、ZEPでは人格教育や安全教育までオンラインで行われていると聞きましたか? – ZEPブログ

最近、教育市場にエデュテックの風が吹いていますね。教科だけでなく、人格や安全教育にも技術を取り入れるということをご存知でしたか?学校暴力の予防から感染症予防、災害安全教育まで、ZEPではすべてが可能です。

📍ZEPで教育するメリット


✅ 生徒の積極的な参加を促進

- 教師の授業を聴き、動画を視聴する受動的な態度から脱却できます

- 生徒は様々なゲームやコンテンツを直接体験し、積極的な態度を持つようになります

✅ 現実感のある空間で生徒の没入力を向上

- 実際の空間をそのまま移したような現実感のある空間です

- 生徒は様々な仮想状況を体験しながら、没入力のある学習を経験します

✅ 大規模な生徒との教育進行

- 15万人が同時にアクセスしても問題ありません

- 全校生徒を対象に一貫した教育を提供することも可能です

“教科の勉強よりも重要なのは、人格や安全教育です。

重要なだけに、より力を入れる必要があります💪

ZEPを通じて、このような教育を行ったいくつかの事例を見てみましょうか?”

学校暴力予防教育事例 – 全羅南道創意融合教育院

全員の幸せな学校生活のための「全南メタスクール」🏫

学校暴力予防教育は、ヨンスの話をもとに展開されます。生徒は教室、食堂、カフェなどで友達がヨンスに言った言葉や行動を観察し、クイズを解きながら言語暴力、いじめ、サイバー暴力、金品強要などに自然と警戒心を持つようになります。

災害教育事例 – 気象庁

災害対策を行わなかったために荒廃した「地震火山アイランド」🌋

生徒は安全対策を講じて地震火山アイランドを安全地帯に戻す役割を担います。そして、様々なミッションを遂行しながら地震、津波、火山に関する情報、災害通知システム、避難方法についての知識を徐々に身につけていきます。


感染症教育事例 – ファイザー

世界の公衆衛生を脅かす抗生物質耐性への認識を高め、感染予防の重要性を伝えるための「スーパーバグスクール」💊

スーパーバグスクールは、学校をテーマに構成されています。生徒は本館をはじめ、体育館、図書館、科学館など5つの空間を探検しながら、抗生物質耐性に関するクイズを解く脱出ゲーム、真菌感染管理に関するウェブトゥーン、カビ能力試験、抗生物質OXクイズなどを体験します。

単なる知識の伝達ではなく、楽しく効果的な教育を生徒に提供するのはどうでしょうか?

ZEPと一緒に、生徒が教育に没入できる空間を作りましょう🤩

Read next